料理

cuisine

中路啓太プロデュース・新境地の「蕎麦フレンチ会席」
〜信州の美しい自然を味わう至福の時間(とき)〜

地元産の蕎麦を大胆に、また繊細に使ったフルコースをお楽しみいただけます。
長年培ったフレンチの技術と、地元食材を中心に国内外の食材を組み合せた、信州の四季を映し出す一皿をご堪能ください。

※ご夕食は、みなさま18:30からとさせていただきます。

※そばアレルギーをお持ちの方へ
この度リブランドされた季澄香では、特に地元産の蕎麦にこだわったお料理をご提供しております。
誠に勝手ながら、そばアレルギーのお客様は、駒ヶ根高原リゾートリンクスのご利用をお願い申し上げます。

食材にかける情熱と想い

その蕎麦や野菜がどのような土地で、どんなふうに育てられたのか…。シェフ・中路啓太はそこに心をくだいています。それは自分の料理には、“食材のいのち”をどう昇華させるかが使命だという信念があるからです。
食材を知り、そのポテンシャルを最大限に引き出すため、その食材の育った土地、生産者の声を大事にしています。

大切にしているのはインスピレーション

食材の旬はほんの一瞬のものから数週間のものまであるので、まさに一期一会の世界。驚きのコラボレーションや美しいデザインに関しても、その時々の“出会い”と“感覚“で創り上げていきます。
どうぞ中路啓太の世界をお楽しみください。

こだわり

田切産蕎麦と安曇野のわさび

田切産蕎麦と安曇野のわさび

滋味あふれる飯島町田切産の蕎麦の実を粗挽きにし、香り高く、しっかりコシのある喉越しの良い蕎麦に仕上げています。シェフが自ら打つ十割蕎麦です。
わさびは、長野県のわさびの名産地 安曇野で素晴らしいわさびを生産している農家さんと直接交渉をし、仕入れたこだわりのものです。

息吹サーモン

息吹サーモン

いぶき養鱒場の植松さんがなるべく自然と同じような環境で育てたいと、中央アルプスの山々から降りてきた冷たい湧き水をそのまま使って育てている5〜8年ものの「息吹サーモン」をご提供しています。
水温が低い環境で育った身が引きしまったサーモンは、甘みのある深い味わいが楽しめます。

蕎麦のパン・ド・カンパーニュ

蕎麦のパン・ド・カンパーニュ

手打ちそばに使用している田切産のそば粉を入れて焼き上げました。
ポーリッシュ法により、小麦のうま味を最大限引き出し、そば粉の香りもひき立たせたカンパーニュです。

ご夕食一例

・蕎麦がき キャビア添え レモンとオリーブオイル

・山女魚 昆布〆 燻製 カンパーニュのトースト

・安心院(あじむ)町の温泉で育ったどじょうのフリット
 蕎麦の実のリゾット

・宮田村息吹サーモンのミ・キュイ 駒ヶ根産黒ゴマとわさび

・ヴァンデ産フォアグラのポワレとゴボウ

・幻の淡水魚イトウのポワレ そのジュと春菊のソース

58℃で優しく火を入れた信州プレミアム牛フィレ肉のグリエ

・蕎麦茶のグラニテ

・十割蕎麦

・中川村日本ミツバチのハチミツアイス

・駒ヶ根産ルバーブのコンポートとココナッツのブラマンジェ

・本わらび餅

・蕎麦マカロン

献立表は一例です。当日の食材の仕入れ状況により、記載の献立表と異なることがあります。
アレルギー等をお持ちの方は、ご予約の際にお申し付けください。

お夜食

蕎麦稲荷

お夜食に、洋風にアレンジした蕎麦稲荷をご用意しております。

そばガレット

ご朝食

そばガレット

田切産そば粉を贅沢に使用。ふわりと口の中に広がる香りとなめらかな食感が自慢のガレット。
卵がのるプレーンのガレットのほかにチーズやスモークサーモン、野菜などをそれぞれ主役に見立てたその日のガレットからチョイスすることができます。

駒ヶ根高原リゾートリンクス 別館季澄香 総料理長

中路 啓太
Keita Nakaji

1995年3月、大阪あべの辻フランス料理専門カレッジを卒業。
1995年4月、ハウステンボス ホテルズ入社。上柿元勝氏に師事し、ハウステンボス内にある『ホテル アムステルダム』の『アクールベール』にて3年間、同じく「ホテル ヨーロッパ」のフレンチレストラン『デ・アドミラル』にて4年間の修業。
2002年、ベトナムフレンチやイタリアンレストランなども経験し、その他フレンチにとらわれない多彩なジャンルにも挑戦する。
2007年、ウェスティン都(京都)のレストランにて従事。
2009年 冬、駒ヶ根高原リゾートリンクス料理長に就任。
現在、株式会社三河湾リゾートリンクス 駒ヶ根高原リゾートリンクス 別館季澄香 総料理長として腕をふるう。

お飲物

駒ヶ根産のウイスキーや信州産のワイン、日本酒、日本はもとより世界のおいしいお酒までを豊富にそろえております。
グラスを傾けながらゆったりとした時間をどうぞ。

お飲物の詳細